インタビュー/渋谷メディカル整骨院

渋谷メディカル整骨院 平嶋 格 院長

渋谷メディカル整骨院平嶋 格 院長

この道を志したきっかけをお聞かせ下さい。

東京の人間関係の希薄さにずっと違和感を感じていました。その場の付き合いだけでなく、人と関わりの持てる、人生に触れたりする事の出来る職業につきたいと考えていました。
たまたま自分が怪我をしたこともあり、どうやったら痛みが取れるのかを勉強しようと思い、柔道整復師の資格を取りました。

診療の際に心がけていることをお聞かせください。

患者さんに合った「手当て」をすることですね。「手当て」とは実際に手を当てる事と考えていますので、痛みがとれるよう、しっかり施術することを心がけています。そして常に患者さん中心の治療をすることです。痛みをとるために来られる方もいれば、一日の疲れをとるために来られる方もいらっしゃいます。コミュニケーションを取ることはとても大事ですが、疲れを取るためにいらっしゃっている患者さんには、話しかけずにゆっくりと休んでもらえるようにしています。オートメーションのように同じ事をしたくないので、一人ひとりのコンディションに合わせて治療しています。

院長先生のモットーやどんな整骨院にしたいかをお聞かせください。

いつ来るか、何回来るかなどは、私が決めない事にしています。あくまでも患者さんのペースで、来たい時に来ていただければいいと思っています。施術の回数や日程を私が決めてしまうのもおかしいと思うんですよ。痛みがなく、生活に支障がなければ無理に通う必要はないですからね。ただし、痛みを抱えて来院された方に対しては、中途半端な施術ではなく、確実に痛みを取り、楽になった状態で帰ってもらいたいです。

また、いろいろな意味で患者さんが元気に生活するための手助けをしていきたいと思っています。例えば、ふらっと買い物の帰りに寄られたり、おしゃべりにだけ来られたり出来るような整骨院にしたいですね。患者さん同士が仲良くなったりと、コミュニケーションの場にもなったらいいなとも思っています。

院長先生の休日の過ごし方をお聞かせください。

オフの日は何もしませんね(笑)。一日中スカパーつけっぱなしで映画を見たりしています。とにかく穏やかに過ごしています。それがオンオフの切り替えになっているんだと思います。

最後に患者さんへのメッセージをお願いします。

当院は、患者さん中心で施術をしています。時間が空いた時、来たい時にいつでもいらしてください。来られた時には痛みがとれるよう充分な施術をし、根本から治していきたいと思っています。 生活の中でのアドバイスもいたしますので、気軽にご相談にいらしてください。
※上記記事は2009.7に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

渋谷メディカル整骨院 平嶋 格 院長

渋谷メディカル整骨院 ITARU HIRASHIMA

渋谷メディカル整骨院 平嶋 格 院長 ITARU HIRASHIMA

  • 出身地: 福岡県
  • 趣味・特技: 音楽
  • 愛読書: 心の品格
  • 好きな映画: ジャンルを問わず何でも
  • 好きな言葉・座右の銘: 一期一会
  • 好きな音楽・アーティスト: 沢山あって絞りきれません・・・
  • 好きな場所: イギリスの田舎

INFORMATION