インタビュー/宮前はっとり歯科

宮前はっとり歯科 服部 雄一郎 院長

宮前はっとり歯科服部 雄一郎 院長

この道を志したきっかけや現在に至るまでの経緯をお聞かせください。

1985年に起きた日航機墜落事故。私の親戚がその事故で歯の鑑定に携わっていました。私自身は当時まだ小学生に入ったばかりくらいの頃だったのですが、その時の記憶が残っていたからなのか、中学生になると法医学、もしくは法歯学というものに興味を持つようになっていました。現在、こうして歯科医師となったことには当時の記憶とその後の興味の方向が主要な要因だったような気がしています。それに加えて父が歯医者さんだったという環境が後押しをしてくれたのかもしれませんね。

日本歯科大学を卒業後、東京は新宿の歯科医院で10年間修養を積みました。そちらは一般的な歯医者さんとは違い、一人一人の医師が独立して集まっているような形態でした。いってみれば院長先生が何人もいるという感じでしょうか。
私もしばらく経験を積んだ後は、誰かに判断を頼るというのではなく、自ら責任を持って治療に臨む立場となりました。他の先生からは多くのことを学びましたし、ここに至る中で非常に大きな経験をさせていただいたと思っています。

2011年の12月に『宮前はっとり歯科』は開院しました。
勤務医時代は新宿の駅前という場所もあり、ビジネスマンの方が患者さんの大半を占めていました。そうした意味ではこちらに来て、お子さんからご年配の方まで幅広い層の方のお相手をさせていただくのは素直に楽しいと感じています。
私はこの地域で生まれ育ったというわけではありませんが、「 ただ治療をして終わり」ではなく、地域に根差した人と人としてのお付き合いをさせていただきたいと思っています。深く長く、そして良い関係を築けていけたら良いですね。

『宮前はっとり歯科』の目指すべき方向性についてお話しください。

宮前区というのは坂道がすごく多い印象があります。道を歩いていても杖を突いている方を見かけることが多く、私やスタッフが買い物に行くにしても結構大変なんです。当院ではバリアフリーを志し、院内の段差をなくしました。足腰が痛いから歯医者に行けないという方の負担を少しでも軽減出来ればと考えてのことです。
安心、ということが私どもの考える最大のキーワードになります。使った器具は1回ごとにオートクレーブ(完全減菌機)によって処理をし、院内感染の予防に出来る限り努めています。
自分が患者さんになった時に行きたいと思えるような歯医者さんでありたい。怖いところではなく、気軽に安心して来ていただけるような歯医者さんを目指しています。

歯周病や虫歯の予防に関するアドバイスをいただけますか?

歯医者さんに毎日来ていただくわけにもいきませんから、やはり自分で出来るケアの方法をしっかりと覚えていただくことが重要になります。当院でも一通りの治療が終われば、正しい歯ブラシの使い方に始まり、グロスや歯間ブラシといった清掃補助道具の有効性についても説明させていただいています。それに加えて、推奨しているのが次亜鉛素酸電解水という、うがい薬の使用です。
パーフェクトペリオという名前をテレビ等で見かけられた方もいらっしゃるかと思います。この次亜鉛素酸電解水は歯周病菌を容易に死滅させることが実験で証明されています。薬局やコンビニで見かける市販のうがい薬は子供が万が一飲んでしまうことを考慮して薬効が抑えられており、うがい薬としての比較は出来ません。
毎日のブラッシングを補完するものとして用いていただければ心強いと考えています。

今後の展望についてお聞かせください。

今後の展望としてこの地域の患者さんにインプラント治療をご紹介していきたいと考えています。私は勤務医時代はそれこそ何百症例という数のインプラント治療をおこなってきたのですが、こちらにまいってからはそれをおこなっていません。これはインプラントそのものの周知が足りないということにプラスし、インプラントのメリットといったものが充分に伝えきれていないという思いがあるからです。
無論、インプラントは自由診療となりますからコストが高い上に治療期間も掛かってしまうというデメリットがあります。また、全ての方に適応可能な技術というわけではありませんから、事前に入念な精査が必要にもなります。
しかしその一方で歯を失った場合の処置として入れ歯やブリッジという方法に比べますと、インプラントは遥かにモノが噛めるという利点があります。実際、入れ歯で苦労されきた方がインプラントにして、それまで噛み切れなかったモノを噛めたという場面も多く目にしています。
今後、現状に悩まれている方にはインプラントという方法を提案したい考えていますし、そのメリット、良さというものも知っていただく努力を続けていきたいと考えています。

最後に地域の皆様へメッセージをお願い致します。

お口の中のお悩みはすごくデリケートなものがありますので、なかなか人に相談出来ないといった面があるかと思います。そうしたお悩みを抱かれた時、気軽になんでも相談していただけるような歯医者さんでありたいと考えています。ちょうどバス停が目の前にありますし、バスを待つ間、寒かったら中に入って待っていただいても良いと考えています(笑)。本当に気軽にご利用いただきたいというのが私の希望になります。
『宮前はっとり歯科』では治療前後のデジタル写真等を患者さんにご覧いただき、治療方針をご理解いただいた上での治療を進めてまいります。患者さんと一緒に、患者さんの立場に立った医療を誠心誠意提供していきたいと考えています。

※上記記事は2012.2に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

宮前はっとり歯科 服部 雄一郎 院長

宮前はっとり歯科 YUICHIRO HATTORI

宮前はっとり歯科 服部 雄一郎 院長 YUICHIRO HATTORI

  • 好きな本・愛読書: 医療系ノンフィクション
  • 好きな映画: A.I.
  • 好きな言葉・座右の銘: その日出来ることはその日やる
  • 好きな音楽: 80’S
  • 好きな場所・観光地: 青森、金沢、飛騨高山、アイルランド、タイ
  • 生年月日: 1977年2月11日
  • 出身地: 東京都
  • 血液型: AB型
  • 趣味・特技: スキー、クルマ、旅

INFORMATION