インタビュー/はるまちざか歯科・矯正歯科

はるまちざか歯科・矯正歯科 三浦 回也 院長 & 三浦  恭子 副院長

はるまちざか歯科・矯正歯科三浦 回也 院長 & 三浦 恭子 副院長

CAREER

大学卒業後、神奈川県内の歯科医院で診療をはじめる。10年にわたって経験を重ねた後「鷺沼駅」そばに開業。

歯科医を志したきっかけと大学でのご専門、ご開業までの経緯についてお聞かせください。

父は薬剤師で薬局を経営しており、兄は医師でしたので、必然的に家族からの影響は大きく興味もありました。ただ自分が医療分野に進むにあたり、どの道を目指すべきか考えたとき、病気を治すことよりも健康増進の手助けをすることに興味を持ちました。自分の性格を考えたとき、こちらの方が性に合うと考えたのです。たまたま雑誌で「予防歯科」に関する記事を見つけ、それがきっかけとなりました。ただ当時「予防歯科」という考え方は珍しく、あまり一般的に浸透していませんでしたので、周囲からは「本当にその道に進んでよいのか?」と心配されることがありました。
歯学部卒業後は横浜の歯科医院に就職し、開業までの10年間お世話になりました。そちらでは「地域医療」の考え方と実践について深く学び、患者さんの審査・診断と治療計画を自分の専門にすることにしました。現在感じていらっしゃる症状を治すことはもちろんですが、やはり歯科はセルフケアが肝心です。治療後ご自身でお手入れしやすいような整備・調整をし、その後定期健診に足を運んでいただく計画までを患者さんに応じてしっかりサポートさせていただいています。

診療方針と特長について教えてください

まずは患者さんの健康を守ることを第一に考えています。今失われている歯科機能の回復のほか、セルフケアを行いやすい調整と、セルフケアのご指導、そして治療経過の定期的なチェックを重視しています。また当院では妻が矯正歯科を担当するほか、歯科衛生士が2名おりますので、それぞれの専門職が分業制で患者さんの細部にわたる丁寧なお手入れを担当しています。 当院の一番の特長は、子育て世代が気軽に足を運んでいただけるようなクリニックであることです。小さなお子さんがいらっしゃる場合、お子さんを預かっていただくところがなければ、どうしてもお母さんたちが病院に行くことが億劫になり、つい自身の健康を後回しにしがちです。そこでクリニック設計の際、子供用洗面所、おむつ交換台、キッズルームを作るほか、一緒に来られたご家族がそばで待機できるファミリースペースを診察台の横に設置しました。またベビーカーでそのまま入れるような構造にもしています。お母さんが診察台で治療を受けられている間でも、すぐ目の届くところでお子さんが遊びながらお待ちいただくことができます。もちろんお子さんが治療を受けているときも、お母さんがすぐそばで見守ることができます。
また矯正歯科医である妻も現在子育て中ですので、お子さまのお口の健康を考えた口腔ケアや、食事・生活習慣など広範囲にわたるアドバイスをさせていただいております。

さらに痛みの少ない治療にも心を配りました。麻酔注入時の圧力を自動コントロールする電動麻酔器を導入し、薬が入っていくときの違和感をできるだけ患者さんに感じさせないようにしています。また針のない噴射麻酔器を使えば表面麻酔が要らず、輪ゴムではじかれる程度の小さな痛みしか感じません。

磨き残しを強く感じることがあります。効果的に汚れを落とす方法を教えてください。

舌で歯に触れたとき、ざらざらしていると感じるのは歯の表面が荒れているからです。表面が荒れた状態でその上にさらに何かがつけば、汚れは余計落ちにくくなります。しかし表面をいったんつるつるにしておけば、汚れはつきにくくなり落とすときも簡単です。つるつるの状態にするためのクリーニングは、歯科医院の領域です。
日々丁寧に磨いていらっしゃる患者さんでも、少しずつ小さな汚れは蓄積してしまいます。たとえばPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)は、専用の器具を用いて歯と歯の隙間や歯周ポケットに蓄積した歯垢をキレイに取り除くことができます。そうして蓄積した汚れをしっかり落とした後は、さらに汚れが付きにくいよう、奥歯の溝など歯垢が蓄積しやすい部分を樹脂で保護するほか、虫歯予防に効果があるフッ素を歯に塗布し、歯質を強化します。こうして歯をしっかりガードしておけば、日々のクリーニングだけで汚れの蓄積を少なくすることができます。日頃のお手入れ方法につきましては、わたしと歯科衛生士がわかりやすくご説明いたします。ふだん疑問に感じていらっしゃることがあれば、どんなことでも気軽にご相談ください。

リラックスして診療を受けていただくため、工夫していらっしゃることがあれば教えてください。

実はクリニック設計の際、もうひとつこだわったことがあります。それは診察台をすべて南向きにしたことです。患者さんの眼前には、鷺沼の名所となっている春待坂(当クリニックの名前はこちらから取りました)の桜並木が拡がっており、こちらを是非楽しんで帰っていただけたらと思いました。春は花が満開になりますし、花が散った後は美しい緑が、秋には色づく葉が患者さんの眼を休ませてくれることでしょう。日当たりが良く暖かいので、ついうとうとできるようにと考えました。診察台では、リラックスしてゆったり過ごしていただけることと思います。

診察で心がけていることと、地域のみなさまへのメッセージをお願いします。

診察のモットーは「安心・安全な治療」です。もちろん先進医療について日々学んで取り入れてはいるのですが、街の診療所に求められているのはやはり安全でスタンダードな治療です。
地域のみなさまにとっては、気になることが少しでもあったとき、気軽に通えるクリニックでありたいと考えています。日当たり良好で広々としていますので、日々の疲れを癒しに脚をお運びいただければうれしいと思います。お帰りの際は笑顔になっていただけるよう、スタッフ一同懇切丁寧なお世話をさせていただきます。

※上記記事は2017.03に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

はるまちざか歯科・矯正歯科 三浦 回也 院長 & 三浦  恭子 副院長

はるまちざか歯科・矯正歯科 KAIYA MIURA & KYOKO MIURA

はるまちざか歯科・矯正歯科 三浦 回也 院長 & 三浦 恭子 副院長 KAIYA MIURA & KYOKO MIURA

  • 出身地: 東京都
  • 趣味・特技: 野球観戦。特に広島カープを応援しています。
  • 好きな本・愛読書: 大聖堂(1991年、ケン・フォレット、新潮社刊)
  • 好きな映画: 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズ(1985~1990年、米ユニバーサル)
  • 好きな音楽: ラルク・アン・シェル、ミスター・チルドレン
  • 好きな場所・観光地: 温泉地

INFORMATION